上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

さかきです。


今日は海の日の3連休初日。

ここ大天井岳界隈は、特に風の強い一日でした。

テント泊でお見えになられた方の中に、張っている最中、突風によりテントが吹き飛ばされてしまった方がおられました。

_MG_7641.jpg
▲夕暮れの槍・穂高連峰
_MG_7642.jpg
▲大天井岳と大天荘


日中は、時折雨も降り、吹きさらしの稜線歩きは、だいぶ身に応えた方が多かったはず・・・


そんな中、やや低体温症一歩手前とおぼしきお客様が到着されました。

全身寒さからくる極度の震えに加え、手足は完全に冷え切り、顔面は蒼白状態です。


7月とはいえ、今日の大天荘周辺の日中の温度は7℃前後と、下界では冬に相当する気温
稜線歩きの中、冷たい風雨に体がさらされれば、やはり低体温症にかかる可能性はゼロではありません。

昨年も似たような事例がありましたが、風雨が強い時の稜線歩きは、上記のようなリスクが十分に考えられます。状況によっては、予定の山行計画を見直すなどの“勇気”も必要となります。さらにその上で、

 ・登山前日は、十分な睡眠を取る。
 ・ゴアテックス生地の雨具の携行→体の濡れ・蒸れを極力抑える。
 ・汗を極力かかない程度の歩調で→それを加味した上での山行計画を。
 ・ザックの中身はしっかり防水対策を→その上で、下着や靴下、手袋等の予備を持つ。
 ・雨の中の行動中も、こまめな水分・栄養補給を。

この他にも注意点はあるかと思いますが、ご自身の身を守るためにも、無理のない行動を心がけて頂くよう、お願い致します。



なお今シーズンは、先日も掲載しましたが、株式会社ヤマテン様から配信される気象情報を、館内2ヶ所に掲示していますので、出発の際、予定を立てる参考にして頂ければと思います。

_MG_7643.jpg
▲受付脇にある気象情報



ここ数日は、気象情報から目が離せそうにありません。


2013.07.13 Sat l 天気 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

自己管理
こんにちは。さすがに連休、たくさんのテントの花ですね。
おっしゃるとおり自己管理してこれからも登山にのぞみたいとおもいます。先日は設備面など、まったく問題なくとてもゆったり過ごせました。 また行けるように心身ともに鍛えます!
2013.07.14 Sun l akemi. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.14 Sun l . l 編集
Re: 私も遭難者に
笹岡 様

まずは無事で何よりでした。

今回起きたことが、全ては教訓となり、糧となるはずです。

秋はお見えになられますか?どちらにせよ、これからの山旅は安全第一で。

北アルプス 大天荘 さかき






2013.07.17 Wed l 北アルプス大天荘. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://daitenso.blog68.fc2.com/tb.php/503-ed4da148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。