上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
約7か月ぶりの更新となりました。

皆様ご無沙汰しております、今シーズンも大天荘をあずかります、榊(さかき)です。


ここ数年この時期は、本拠地である燕山荘にて「春山登山教室」のガイドとして週末中心に燕山荘まで上下山しています。


DSC05132.jpg
▲合戦尾根から見た大天井岳(5月25日撮影)

今シーズン2014年の大天荘の営業は、6月28日(土)~10月13日(月)を予定しています。

スタッフの入山まであと3週間程。
来週末には一度下見に行く予定、”いよいよ”という感じです。

とは言うものの、合戦尾根から見た大天井岳は、まだまだ冬の装い。

DSC04933.jpg
▲大天荘(5月18日撮影)

小屋もまだだいぶ雪に埋もれています。

もう少し“冬眠”が必要のようです。




今年は例年以上にGW期間中を中心に山の事故が多く発生、5月半ばには東天井岳でも遭難がありました。



安全に、楽しく、いつまでも山登りが続けられるよう・・・



山に携わるすべての人達がそうであるよう願わずにはいられません。



何はともあれ、一人でも多くの方に「居心地良い小屋だね」と感じてもらえるよう、今シーズンも皆様のお越しをお待ちしております。





ということで、今日からちょくちょく更新してまいりますので、また今年もお付き合いのほどを・・・。



スポンサーサイト
2014.05.29 Thu l 山のある風景 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さかきです。


今シーズン現地大天荘からの更新は、本日が最後になるかと思います。

(明日以降も随時更新してまいります)


この3日間は、一日一日がとても濃いものでした。


【10月17日】

台風26号が過ぎ去り、前日午後から降った雪は、北アルプス一帯をにわかに冬の装いへと見事に変化させました。

_MG_1369.jpg
▲大天井岳山頂から

この日の朝の気温は、大天荘の温度計で-9℃を表示。

ただ見事な台風一過。日の出とともに、快晴無風も合い間って、太陽の温もりを肌でしっかり感じとることができたので、撮影するには全く苦になりませんでした。

お客様が居ない朝、スタッフ全員が四方八方、思い思いの場所で、白銀の世界を堪能しました。

_MG_1396.jpg
▲槍・穂高連峰
_MG_1413.jpg
▲右手 燕山荘 正面燕岳越しに鹿島槍ヶ岳~白馬岳方面
_MG_1414.jpg
▲剣・立山連峰、針ノ木岳

真冬の大天井岳周辺に自分自身来たことはないのですが、恐らくこれと同じもしくはこれ以上に優美な景色が、冬は広がっているんだろうな、と思ったら、今この一瞬、この場面に遭遇できた自分は、なんとラッキーなんだろう・・・そう思わずにはいられませんでした。


_MG_1419.jpg

そんな中、小屋閉め作業を毎年お手伝いに来てくれる人がおり・・・右の彼、夏は違う一面でこのブログには何度も登場しています。普段は上高地の旅館で、夏は「夏山常駐パトロール隊」で活躍している相川君。以前は燕山荘・ヒュッテ大槍でも勤務していました。
損得勘定抜きに、こうやって助っ人として来てくれるのは、本当にありがたいことです。

今シーズンもお世話になりましたm(__)m


【10月18日】

この日は、今シーズン最後のヘリコプター輸送がありました。

_MG_1427.jpg
_MG_1432.jpg
▲アエロスパシアル式SA315BアルウエットⅢ(ラマ)

「キーン」

北アルプスの谷間に響き渡るエンジンの金属音。

下げる荷物、かなりの重量で負担をかけてしまいましたが、山岳飛行に長けたそのパワーには圧倒されました。


最後、我々スタッフの心を踊らすような、機体性能を最大限に引き出した飛行を魅せつけて、去っていきました。

_MG_1437.jpg
_MG_1463.jpg
_MG_1466.jpg


―――長い間、お世話になりました。





10月19日の昨日は、怒涛のごとく小屋閉め作業ラストスパート。今日満を持して下山予定でしたが・・・

_MG_1506.jpg

思いの外の悪天候により、無理をせず明日の天候回復を待って、下山を一日延期。

雪ではなく雨。ここ3日間ほどで、雪はほとんどなくなりました。


ということで今一度小屋閉めに際し、抜かりや手落ちはないかの確認、各所入念な清掃に時間を費やしました。

_MG_1504.jpg
▲大天荘全景

_MG_1511.jpg
▲新館客室
_MG_1512.jpg
▲本館客室
_MG_1513.jpg
▲本館談話室


来年小屋開けまでの約8ヶ月間、長い眠りにつきます。

今シーズンも沢山の人を受け入れてくれたこの大天荘に、感謝。と同時にお世話になりました。

来年は新しいトイレがオープンです。






そして今日はもう一つ。

_MG_1491.jpg

ここ数日、天気のせいもあってめっきり人影が減ったここ大天荘周辺。

今日はなんと15羽の雷鳥達が、小屋周りに集結しました。
これだけの数を目の当たりにすると、「君達本当に希少野生動物?」と疑わずにはいられません。

_MG_1483.jpg

いったいこの中に何羽写っているでしょう。



_MG_1496.jpg

「皆さんよーく数えてみてね。じゃあまた来年、ここで皆が来るのを待ってるよ!」



雷鳥さん、今年もお世話になりました・・・。


2013.10.20 Sun l 小屋の日常 l コメント (3) トラックバック (0) l top

さかきです。


ここ大天荘周辺は、台風26号による影響はありませんでした。





明け方まで降っていた雨は、やがてみぞれとなり、午後には完全な雪となりました。

今日はまる一日、冬、雪の重みから小屋を守る為の、本館の筋交い・サポート入れに明け暮れていましたので、ほとんど外には目もくれず。なので、さきほど夕食を済ませたあと、外を覗こうと窓を・・・


IMG_4547.jpg


開かない!凍っている!



なんとか必死の思いで開けてみたら、まず目に入ってきたのがこの“氷柱”。

それもそのはずで、温度計は、外気温-6℃以下を表示しています。


IMG_4557.jpg

外で雪景色などを写真に・・・などと悠長に構えていられる気温ではなく、玄関先で手短に写しましたが、おわかりでしょうか。なんとなく一面銀世界になっている様が。

月もぼんやり出ていたのですが、まずこの寒さに体が全く慣れていないため、撮影などしていたら風邪でも引きそうです。



明日は朝から晴れそうな予報。


不謹慎ですが、お客様も居ないことですし、久々にじっくり写真撮影に勤しんでみようと、“今”は思っています。






・・・なぁんて、寒さにめげて、ストーブに当たって窓越から日の出、ってところが関の山ですかね。



2013.10.16 Wed l 小屋の日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top

さかきです。


今朝までの営業気分から気持ちを切り替えて、本格的に小屋閉め作業が始まりました。


IMG_4534.jpg
▲本館2階

台風26号の動向を気にかけつつ、外回りから小屋の中と、20日下山を目標に忙しなく動き回ります。


当然とはいえ、体育の日の連休が過ぎ、ここの営業も終了し、縦走される方の人数がめっきり少なくなり、人の気配がパッタリと止まってしまった大天荘周辺。

ここぞとばかりにこの子たちの守備範囲が、小屋の近くまで接近するようになってきました。


_MG_1367.jpg

_MG_1368.jpg

だいぶ白い冬毛が目立ってきた雷鳥です。


明日からあさってにかけては、かなりの降雪も予想されている大天井岳周辺。



雷鳥が冬化粧し始めているのにあわせて、山小屋も、北アルプスも、まもなく冬の装いに変化し始める季節へと変わりつつあります。




2013.10.15 Tue l 小屋の日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top

さかきです。


体育の日の三連休も最終日・・・というか、今日が体育の日なんですよね。


連休初日は、暴風から初雪とめまぐるしいお天気変化でしたが、昨日今日は一転して穏やかな晴れ間が広がりました。

_MG_1246.jpg
▲槍ヶ岳(10月13日撮影)

_MG_1247.jpg
▲穂高連峰(10月13日撮影)

一昨日夕方から舞った初雪は、うっすらと北アルプス南部の山域を白く染めました。

ただ積雪と呼べるには程多く、日中から今日にかけての晴天で、ほぼ消えてしまい・・・

それでもお見えになったお客様達は、一様に歓声をあげ、あちこちでシャッターを切る人、ポーズとる人で小屋周りは賑わいました。






そして、今日は大天荘営業最終日。


_MG_1345.jpg

なんとも淡い感じの日の出。

_MG_1347.jpg

キラキラ、ギラギラ、スッキリ、という日の出はもちろんいいのですが、この淡い感じが、今シーズンの営業終了をしめやかに迎えさせてくれる、そんな気分にさせてくれる、いい朝でした。





ということで、本日10月14日のご宿泊をもちまして、今シーズンの大天荘の営業を終了致します。

大勢の方にご利用頂きましたこと、ここに深く感謝申し上げますと同時に、トイレ工事に伴いますご不便・ご迷惑等おかけしましたことをお詫び致します。






その営業終了に先立ち、昨日連休中日の早朝、満を持して、トイレ工事で使われた全ての資材・また廃材等を麓に下ろすヘリコプター輸送がありました。

_MG_1287.jpg

_MG_1319.jpg

_MG_1320.jpg

_MG_1265.jpg
▲アエロスパシアル式AS332Lス-パ-ピュ-マ

颯爽と登場したスーパーピューマ。一度に2トン近くの重量物を吊って行ってしまう、パワフルな機体。
これにより、小屋の前に置かれていた全てのトイレ工事関係の物資が、約2時間半できれいに片付きました。



_MG_1353.jpg
(10月14日撮影)
_MG_1352.jpg
(10月14日撮影)

以前あった外トイレの跡地はきれいに埋め戻され、「こんなに広かったのか」と驚くほどの広場となりました。


そして肝心の新しいトイレですが、今日最後の仕上げが終わり、めでたく完成となりました。
これにより、今週18日に竣工検査を経て、使用可能となります。

新しいトイレの詳細は、また明日以降改めて公開致します。





さぁ、息つく暇なく、明日からは小屋閉め作業が待っています。


2013.10.14 Mon l 小屋の日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。